m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>【宮崎】電子カルテ共有よりもSNSでの患者情報共有の方が重要‐鈴木斎王・宮崎大学医学部附属病院患者連携センター長に聞く◆Vol.1

【宮崎】電子カルテ共有よりもSNSでの患者情報共有の方が重要‐鈴木斎王・宮崎大学医学部附属病院患者連携センター長に聞く◆Vol.1

2019年9月16日 m3.com地域版


宮崎県地域医療構想調整会議のアドバイザーを務める宮崎大学医学部附属病院患者支援センター長の鈴木斎王(むねおう)氏に、宮崎県の医療の現状と対策、地域医療連携における課題、地域医療連携ネットワークの状況などについて聞いた。(2019年6月13日インタビュー、計2回連載の1回目)▼第2回はこちら――宮崎県の医師不足の現状について教えてください。2019年2月に発表された医師偏在指標では、宮崎県は東北地方ほど医師が不足している状況ではありませんが、九州の中では宮崎県だけが医師少数区域に位置付けられました...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【神奈川】「野球ドクター」の名広まり、開業後すぐに患者の9割がスポーツ選手に-馬見塚尚孝・... 2019/10/21

【和歌山】他府県とドクターヘリの協定を結び広範囲をカバー-加藤正哉・和歌山県立医科大学附属... 2019/10/21

【広島】救急医療と被ばく医療、2つの側面から他地域も支援‐津村龍・広島大学病院高度救命救急... 2019/10/21

【福岡】全国初の病院主催婚活イベントで計23組のカップルが誕生!‐姫野亜紀裕・姫野病院長に... 2019/10/21

【滋賀】医療連携推進法人「滋賀高島」は過疎地域の医療を救えるか‐本多朋仁・医療法人かおり会... 2019/10/21

【茨城】精神障害者が消滅可能性都市を支えるという未来図‐的場政樹・袋田病院長に聞く◆Vol... 2019/10/21

【山梨】システムの奴隷にならず、仲間と話し合える在宅チームを作ってほしい‐内藤いづみ・ふじ... 2019/10/21

【沖縄】仕事と趣味を両立して自動車レース・クラシックカーラリーを楽しむ-新垣元・新垣病院理... 2019/10/21

【愛知】日本で暮らす外国人女性を産婦人科医として支える‐カサノバ・エクトル・葵鐘会(きしょ... 2019/10/21

【岡山】全国初、AIが質問に答える医薬品情報提供支援システムとは‐神崎浩孝・岡山大学病院薬... 2019/10/21

【宮崎】人口減・収入減の中、中期的に医師の給与引き下げは不可避‐坪内斉志・小林市立病院事業... 2019/10/21

【福井】訪問診療の患者全員に行う多職種カンファレンス‐楠川加津子・永平寺町立在宅訪問診療所... 2019/10/21

【大分】「ヒヤリハット小劇場」で地域の架け橋を目指す-安藤万寿美・大分医療センター医療安全... 2019/10/21

【奈良】県内の高度小児医療を支える「子どものスペシャリスト」‐嶋緑倫・奈良県立医科大学小児... 2019/10/21

【京都】重病を克服したバレリーナ、女性第1号医局員へ‐蘆田ひろみ・有馬医院院長に聞く◆Vo... 2019/10/21

【京都】認知症当事者等のアイメッセージ評価をレガシーにしたい‐西村幸秀・京都府医師会認知症... 2019/10/21

【千葉】医療現場の「困ってる」をものづくりで解決する先進的センター‐林秀樹・千葉大学医学部... 2019/10/21

【長野】住民半数以上が医療生協会員という「医療生協システム」の理想郷-上伊那生協病院に聞く... 2019/10/21

【北海道】女性医師のゆるやかな縁を結び、キャリアの選択肢を増やしたい-新谷朋子・北海道女性... 2019/10/21

【静岡】医師不足を地域でサポート。市民・病院・行政が一丸となり医療を守る-佐藤洋・富士宮市... 2019/10/21