m3.com トップ>医療維新>レポート|女性医師と医...>「女性の潜在的能力封じは“片翼飛行”」、山口一男・シカゴ大教授が警鐘

「女性の潜在的能力封じは“片翼飛行”」、山口一男・シカゴ大教授が警鐘

医学教育学会「医学部入試の男女不平等への処方箋を考えるシンポジウム」

2019年8月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医学教育学会多様性推進ワーキンググループ&プロフェッショナリズム・行動科学委員会の合同企画「医学部入試の男女不平等への処方箋を考えるシンポジウム」が8月17日、都内で開催された。シカゴ大学社会学科教授、独立行政法人経済産業研究所客員研究員の山口一男氏は、医学部学生の女性割合が少ない理由について、男女の合格率の差もあるものの、それ以上に大きい要因は「女子学生が医学部を受験しない傾向」であると解説した。山口氏は、日本では、医師のみならず、大学教員、研究者、国会議員、裁判官などの高度専門職や、企業...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事