m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>「坂井棋士が休業、医師の道へ」、ニュースに思う

「坂井棋士が休業、医師の道へ」、ニュースに思う

棋士と医師、数学者、「若い時に研鑽を積む」のが一流の条件?

2019年8月25日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて今回は、「番外編」です。囲碁棋士の坂井秀至八段が、囲碁を休業して医師の道に進むという話がニュースになりました。灘高校から京都大学の医学部に進み、医師免許を取った直後、研修医の勤務時間の長さに驚き、これでは囲碁を勉強する時間がないと編入試験を受けてプロを相手に4連勝、いきなりプロ五段としてデビューしたことは有名です。ほぼ同年代で、同じく灘高校の囲碁部にいた僕の知り合いがいます。坂井八段が棋士になったとき、知り合いが言うには、「彼は昔から“化け物”であった」と。彼が万が一、プロで一流棋士になれな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事