m3.com トップ>医療維新>オピニオン|弁護士が解説...>彫り師のタトゥー、医師法違反に当たるか?

彫り師のタトゥー、医師法違反に当たるか?

一審有罪、二審無罪、注目される最高裁判決

2019年10月6日 中野丈・スプリング法律事務所弁護士


【質問】医師でない者(彫り師)がタトゥーを施すことが争われた裁判のニュースを見ました。医師でない者がタトゥーを施すことにはどのような法律問題があるのでしょうか。また、そもそも違法かどうかはどのような基準で判断されるのでしょうか。患者の方に尋ねられたりもしましたし、医師の業務に関する基本事項のようにも思えるので、理解しておきたいです。【解説】1.裁判の争点~タトゥー施術が「医行為」に当たるかご質問の裁判は、医師でない者がタトゥー施術を行っていたことが医師法に違反するものとして起訴された、刑事事件の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事