m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>無給医として働く側、『何か』があるのか

無給医として働く側、『何か』があるのか

医師議員、ネットの片隅で愚痴を言っている輩とは比較にならない?

2019年8月25日 木川英(川越救急クリニック副院長)


今年の夏は災害級の昨年の夏に比べると過ごしやすい印象ですが、それでも暑いですね。当院でも、連日のように熱中症患者の診察に追われる日々が依然として続いています。少しさかのぼると、世間では吉本興業タレントによる闇営業の話で盛り上がっていましたが、医療界では「無給医」の問題が表面化していました。大学病院の「無給医」、少なくとも2191人、文科省調査前時代からの風習で、令和の現在にも脈々と受け継がれている悪しき伝統。ようやく、こういう事案があるということが日の目を見たと言ったところでしょうか。私自身は、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事