m3.com トップ>医療維新>レポート|新建築探訪>「予防医療プラザ」、5階建てで新築オープン - 倉敷中央病院◆Vol.1

「予防医療プラザ」、5階建てで新築オープン - 倉敷中央病院◆Vol.1

地域の疾病予防、健康づくりの拠点に

2019年9月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


1166床という全国でもトップクラスの病床を有する急性期病院で、臨床研修病院としても全国的な知名度を誇る倉敷中央病院(岡山県倉敷市)がこの6月、「予防医療プラザ」をオープンした。建物(地上5階建て)と施設整備等に約50億円をかけ、MRIやX線CTを導入するなど、各種医療機器を揃え、一般健診から人間ドック、専門人間ドックまで幅広く対応できる体制を整えた。広さは従来の総合保健管理センターの約3倍になり、随所にソファを置くなど、アメニティーに配慮した、ゆとりのある設計になっている。1階には「コラボスペ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事