m3.com トップ>医療維新>レポート|新建築探訪>“待ち”の医療から“攻め”の医療への転換 - 倉敷中央病院◆Vol.2

“待ち”の医療から“攻め”の医療への転換 - 倉敷中央病院◆Vol.2

人間ドック・健診を核に「市民が集う健康広場」に

2019年9月11日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


取材対応者倉敷中央病院院長の山形専氏、常務理事・事務長の富田秀男氏予防医療プラザ所長の菊辻徹氏、予防医療プラザ業務管理課課長の黒田弓子氏倉敷中央病院施設・環境部建築課課長の渡辺浩通氏――急性期医療に力を入れてきた倉敷中央病院が、予防医療に力を入れる理由をお聞かせください。山形院長:一言で言うと、そういう時代が来たということです。もう10年くらい前から、予防医療、先制医療の時代が来るだろうと考えていました。それまで人間ドックと健診を実施していた総合保健管理センターが手狭になってきたこともあり、これ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事