m3.com トップ>医療維新>レポート|新建築探訪>AIで検査データの経年変化をシミュレーション - 倉敷中央病院◆Vol.3

AIで検査データの経年変化をシミュレーション - 倉敷中央病院◆Vol.3

「自分のいのちの未来を見よう」がコンセプト

2019年9月18日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


取材対応者倉敷中央病院院長の山形専氏、常務理事・事務長の富田秀男氏予防医療プラザ所長の菊辻徹氏、予防医療プラザ業務管理課課長の黒田弓子氏倉敷中央病院施設・環境部建築課課長の渡辺浩通氏――「予防医療プラザ」は、AI(人工知能)を用いた「健診結果予測シミュレーション」を導入していることも、大きな特徴です。菊辻所長:「自分のいのちの未来を見よう」がコンセプト。「健診結果予測シミュレーション」は、NECと共同開発したものです。過去約6万人分のデータを匿名化して、異種混合学習という技術を使い、解析していま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事