m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>3人の医師の運命を変えた“熱い夏”

3人の医師の運命を変えた“熱い夏”

「過酷」との評判はやりがいに変わり…

2019年8月30日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


夏になると、いつも思い出すことがある。初期研修医2年目の2002年、私の運命を決めた“熱い夏”のことだ。ローテーションの中でも「過酷」と名高かった救命救急センターでの2カ月間を過ごした時期。ローテーション後、救急医になる決心をした。そしてこの「熱い夏」は、友人2人の運命をも変えてしまった――。鋼の肉体を持つ医師との夜友人の1人目、小児外科志望のA医師とは、救命救急センターのローテーションが一緒だった。彼はラグビーで鍛えた鋼のような肉体を持ち、知力も体力も優れる頼もしい同期。2人で回る2カ月の「セ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事