m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>3人の医師の運命を変えた“熱い夏”

3人の医師の運命を変えた“熱い夏”

「過酷」との評判はやりがいに変わり…

2019年8月30日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


夏になると、いつも思い出すことがある。初期研修医2年目の2002年、私の運命を決めた“熱い夏”のことだ。ローテーションの中でも「過酷」と名高かった救命救急センターでの2カ月間を過ごした時期。ローテーション後、救急医になる決心をした。そしてこの「熱い夏」は、友人2人の運命をも変えてしまった――。鋼の肉体を持つ医師との夜友人の1人目、小児外科志望のA医師とは、救命救急センターのローテーションが一緒だった。彼はラグビーで鍛えた鋼のような肉体を持ち、知力も体力も優れる頼もしい同期。2人で回る2カ月の「セ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

志賀隆の「救急医療の現場から」に関する記事(一覧

マッチングの秋、研修先選びは「自分に正直に」 2020/9/20

「漫然と面接していませんか?」戦略的選考で人柄も見極め 2020/8/15

「退職する専攻医はいますか」研修医が見学時に聞くべき点 2020/7/26

「うるせー!」泥酔して暴れる患者、飲み過ぎた理由は「コロナで…」 2020/6/27

COVID-19でイベント中止、リクルートはどうする? 2020/5/31

研修医のギャップととまどいに備える 2020/4/26

3月、病院に来ない研修医、どうする? 2020/3/15

独居の高齢者が救急外来に、その時どうする? 2020/2/29

救急外来から患者さんを帰す時に必要な「かきくけこ」 2020/1/26

医師のタスクスイッチの効率を上げる5つの方法 2019/12/28

先生が誘った飲み会、楽しいの? 2019/11/29

医療者の提案が伝わらない患者さんに出会った時は 2019/10/25

突然、来年の職場がなくなっても 2019/9/29

3人の医師の運命を変えた“熱い夏” 2019/8/30

女性医師がカギ!救急専門医倍増私案 2019/8/2

NPの増加こそ医療界を救う秘策 2019/6/28

職場の雰囲気が悪いことで失う物って? 2019/5/26

優秀な医師ほどバーンアウトする? 2019/3/3

コンサルトのうまいコツ、教えます 2018/12/30

「研修医よ、なぜ忘れる!」と怒ってはダメ 2018/11/10