m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|一介の外科医...>時間外労働が1860時間、今の自分なら萎えるが、若手の時は?-順天堂大学眼科助教・猪俣武範氏◆Vol.4

時間外労働が1860時間、今の自分なら萎えるが、若手の時は?-順天堂大学眼科助教・猪俣武範氏◆Vol.4

病院幹部には「マネジメント」学ぶ必要性

2019年9月1日 中山祐次郎(外科医)


7月の早いある日。朝から郡山駅へ。7月でも福島県はまだそこまで暑くない。これが東北の気候なのだなと思う。大学時代の鹿児島を思うと、7月はすでにじりじりと強い太陽が肌を焦がしていた。「陽射しが痛い」という表現をクラスの女子達が使っているのを聞いて、緯度が低いと思ったものだ。郡山での陽射しが「痛い」と感じたことはまだない。久しぶりの順天堂大学へ。ここへは東京にいた頃、外科の先生たちとの手術手技勉強会があったり、この対談の第一弾の天野先生のときにもお邪魔したので何度も来ている。東京医科歯科大学とともに...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画に関する記事(一覧

「テレビに出る医者」という色物感が出てしまう?―消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・... 2020/1/12

医師2人で全60章の新書の企画書を作成-消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・山本健人... 2020/1/5

29歳で新聞読者欄に投稿「医師患者の関係変えるため」―消化管外科医、京都大学医学研究科博士... 2019/12/29

「家庭と外科医の両立、分担できている自信がない」―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆V... 2019/12/22

一番問いたいのは「家庭の仕事は半分やっていますか」―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆... 2019/12/15

東京大学の外科准教授はどんな生活?―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆Vol.2 2019/12/8

「見ているだけ」の時間で外科医は成長―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆Vol.1 2019/12/1

システマティック・レビューは資金や環境が不十分でも実施できる研究-渡辺範雄・コクランジャパ... 2019/11/24

コクランを「エビデンスのワンストップソリューションに」-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京... 2019/11/10

世界中の論文を専門家が調べてピックアップしてくれる-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大... 2019/11/3

現時点で最も正しい医療情報が分かる仕組み-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教... 2019/10/27

医療情報「良貨で悪貨を駆逐する」という戦略-病理医ヤンデル(札幌厚生病院病理診断科・市原真... 2019/10/6

情報発信する医師の数は変わらずも拡散力が10倍に-病理医ヤンデル(札幌厚生病院病理診断科・... 2019/9/22

ニセ医学に勝てる武器「物語に裏打ちされた科学」-病理医ヤンデル(札幌厚生病院病理診断科・市... 2019/9/15

フォロワー10万人の医師アカウント、炎上は怖くない?-病理医ヤンデル(札幌厚生病院病理診断... 2019/9/8

時間外労働が1860時間、今の自分なら萎えるが、若手の時は?-順天堂大学眼科助教・猪俣武範... 2019/9/1

「目標は母校をアジア1位の医学部に」-順天堂大学眼科助教・猪俣武範氏◆Vol.3 2019/8/25

医師が米国でMBAを取得、メリットとデメリット-順天堂大学眼科助教・猪俣武範氏◆Vol.2 2019/8/18

働き方改革の危惧「医師のやる気そがないか」-順天堂大学眼科助教・猪俣武範氏◆Vol.1 2019/8/11

医師も街に出よう。市井の人との対話を続けよう-タレント・声優の矢方美紀氏◆Vol.4 2019/8/4