m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>医療は「権利」それとも「贅沢なもの」?

医療は「権利」それとも「贅沢なもの」?

費用対効果、日本や諸外国も今「決断の時期」

2019年9月15日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科・国際診療部総合診療医)


私がまだ研修医時代に、ワシントンにある病院に見学に行った時の話だ。どこも最新設備が整っており、綺麗な外観はまるで映画に出てくるホテルのようなイメージ。ここでは高額な医療費が必要なため、この病院でまともに医療を受けられるのは一部の裕福な人のみ。『HealthInsurancecoverage2017』の報告によると、アメリカではまだ約2850万の人が医療保険に加入していない。つまりアメリカでは医療とは「贅沢」なものなのだ。無料で医療を提供する福祉国家と言われる英国で育った私にとって、この医療の本質...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事