m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>再生医療の公定価格、妥当な算定方式とは?

再生医療の公定価格、妥当な算定方式とは?

中医協、「独自の仕組み」構築も視野に検討開始

2019年9月12日 大西裕康(m3.com編集部)


さまざまな疾病に対する画期的な治療に役立つとして期待がかかる再生医療等製品だが、公的医療保険を適用する際、どのように価格を決めれば妥当なのか――。中医協・薬価専門部会が9月11日、再生医療等製品に公的医療保険を適用する際の価格(薬価)を決める仕組みについて、本格的な議論を始めた。現在は、1回の製造単位が数万~数十万錠にもなる低分子化合物を用いた医療用医薬品などと同じ薬価算定方式を暫定的に採用しているが、再生医療等製品は1回の製造単位が「1」や数百程度であり、1製品当たりに各種コストを反映する観点...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

抗菌薬の適正使用を推進する加算、対象年齢拡大へ 2019/10/18

急性期「旧7対1」、再編の評価は? 2019/10/18

「働き方改革×診療報酬」で激論、中医協 2019/10/18

rt-PA療法の保険適用、要件緩和の検討に着手 2019/10/18

新薬創出等加算、「先駆け審査」品目なら追加か 2019/10/9

複雑化するがん医療提供体制、個別評価すべきか 2019/10/9

後発医薬品、「安定供給リスク」も念頭に価格設定を 2019/10/9

特許切れ医薬品の値下げ、前倒しの検討開始 2019/9/26

院内調剤の見直しが焦点、薬局との比較で 2019/9/25

医師の働き方改革にはOTC類似薬の保険適用除外? 2019/9/25

入院時のポリファーマシー対策で“プロセス”評価へ 2019/9/19

カルテとリハビリ計画書の重複負担軽減を、診療側 2019/9/18

紹介状なし初診の保険外負担「5401円以上」は20病院 2019/9/13

31日以上の処方が増加傾向 2019/9/12

薬価制度改革へ、個別の検討開始 2019/9/12

再生医療の公定価格、妥当な算定方式とは? 2019/9/12

「機能強化加算」、診療所の約1割が届出 2019/9/12

地域包括ケア病棟、回復リハ病棟、届出施設・病床数は増加傾向 2019/9/11

オンライン診療料、改定直後の届出数は計970施設 2019/9/11

国内初の遺伝子治療薬、9月4日から保険適用へ 2019/8/28