m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>再生医療の公定価格、妥当な算定方式とは?

再生医療の公定価格、妥当な算定方式とは?

中医協、「独自の仕組み」構築も視野に検討開始

2019年9月12日 大西裕康(m3.com編集部)


さまざまな疾病に対する画期的な治療に役立つとして期待がかかる再生医療等製品だが、公的医療保険を適用する際、どのように価格を決めれば妥当なのか――。中医協・薬価専門部会が9月11日、再生医療等製品に公的医療保険を適用する際の価格(薬価)を決める仕組みについて、本格的な議論を始めた。現在は、1回の製造単位が数万~数十万錠にもなる低分子化合物を用いた医療用医薬品などと同じ薬価算定方式を暫定的に採用しているが、再生医療等製品は1回の製造単位が「1」や数百程度であり、1製品当たりに各種コストを反映する観点...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

「再検証で中小規模医療機関が救急撤退しないよう」 2020/1/24

「ゾレア」、初の効能変化再算定の特例、再算定は計17成分 2020/1/22

支払側、旧「7対1」で35%要求 2020/1/15

中医協総会、2020年度改定に向け「議論の整理」了承 2020/1/15

中医協、診療報酬改定に向け議論整理 2020/1/10

病院外来での「抗菌薬の適正使用の推進」、要件追加 2020/1/10

ダビンチ7件が保険適用へ、先進医療6件も 2020/1/9

外来・在宅患者のオンライン服薬指導「指針に準拠を」 2019/12/20

妊婦加算は2020年度改定で再開せず、厚労省 2019/12/20

2020年度薬価制度改革の骨子、中医協総会で了承 2019/12/20

救急医療機関の働き方改革を評価へ 2019/12/18

国家戦略特区での遠隔服薬指導、離島・へき地以外の要件了承 2019/12/18

オンライン診療、「離島・へき地等」では要件緩和へ 2019/12/18

かかりつけ薬剤師・薬局の普及に向け「同一薬局の利用促進」 2019/12/18

回復期リハビリ病棟、特定機能病院での算定不可に 2019/12/14

特定機能病院での「使用ガイド付きの医薬品集」、賛否対立で終始 2019/12/14

2020年度薬価制度改革の骨子(たたき台)、おおむね了承 2019/12/13

重症度、医療・看護必要度のB項目、記載法変更 2019/12/13

多焦点眼内レンズでの水晶体再建術、先進医療から選定療養へ 2019/12/13

予防的切除で初の保険適用、対象はHBOC 2019/12/13