m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>日医、医師の複数機関での勤務時間通算「当面は慎重に」

日医、医師の複数機関での勤務時間通算「当面は慎重に」

患者が困る事態を避けるため地域医療の継続性訴え

2019年9月18日 小川洋輔(m3.com編集部)


日本医師会常任理事の松本吉郎氏は、9月18日の定例記者会見で、厚生労働省の「副業・兼業の場合の労働時間管理の在り方に関する検討会」(座長:守島基博・学習院大学経済学部経営学科教授)が8月に取りまとめた報告書の中で、複数の事業者での通算勤務時間を把握して管理する必要性に言及していることを受け、日医としては「医師における副業・兼業については、医師の健康確保への取り組みと地域医療の継続性の両方を見据えた着地点を模索する必要がある。論点が多い中で、全ての医療機関での勤務を安易に通算することについては当面...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

「都市部での急性期病院の集約化」を提言、全医連 2020/1/28

技師・技士による静脈路確保は可能か、看護師からは慎重意見 2020/1/21

兼業規制、8割の病院が「宿日直の維持困難」と回答 2020/1/14

「B、C水準」指定の仕組み等、議論は越年 2019/12/26

タスク・シフト/シェア、是非や責任の所在で意見分かれる 2019/12/26

働き方「評価機能」試行、病院は「準備が手間」 2019/12/4

複数医療機関で勤務する医師の管理、責任はどこが? 2019/12/3

在院時間管理62.2%が導入済み、厚労省調査 2019/11/28

特定行為導入で医師から看護師への指示3分の1以下に 2019/11/21

「医師以外に移管可能業務」、2019年中に取りまとめ 2019/11/21

厚労省、193業務はタスク・シフト可能 2019/11/11

働き方改革の評価、構成員が病院名公表に難色 2019/11/7

“燃え尽き症候群”、世界各国の共通課題、ICPCMが東京で会議 2019/11/5

研修医に「年1860時間」時間外特例認める根拠は何か? 2019/11/4

医師以外への移管可能業務、年内に取りまとめへ 2019/10/24

悪質な労基法違反病院は960時間以上認めず 2019/10/3

「自分が落ち着くため出勤」それがいけない-昭和大学消化器・一般外科の働き方改革◆Vol.3 2019/9/29

「じゃあ何かい?オペ中に手を下ろすのかい?」-昭和大学消化器・一般外科の働き方改革◆Vol... 2019/9/23

日医、医師の複数機関での勤務時間通算「当面は慎重に」 2019/9/18

「宿日直許可なし」なら、1診療科当たり医師10人が必要 2019/9/16