m3.com トップ>医療維新>インタビュー|奈良・勾留医...>医師の死、闇から闇に葬られず議論できたのは有意義 - 出羽厚二・岩手医大法医学教授に聞く

医師の死、闇から闇に葬られず議論できたのは有意義 - 出羽厚二・岩手医大法医学教授に聞く

奈良県警の刑事告発は不起訴相当、「力及ばず残念」

2019年9月20日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


奈良県の山本病院に勤務していた男性医師(当時54歳)が奈良県桜井警察署に勾留中の2010年2月に死亡した事件で、特別公務員暴行陵虐致死容疑で書類送検された警察官2人を不起訴とした奈良地検の処分について、奈良検察審査会は8月28日、「不起訴相当」と議決した。本事件は、岩手医科大学法医学講座教授の出羽厚二氏が奈良県警察本部に刑事告発したのが発端。2019年4月に不起訴処分とされたが、出羽氏は処分を不当とし、奈良検察審査会に審査を申し立てていた(『勾留中の男性医師死亡、法医が刑事告発したわけ』、『奈良...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事