m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>突然、来年の職場がなくなっても

突然、来年の職場がなくなっても

“制限”の中にこそ得難い経験が潜んでいる可能性について

2019年9月29日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


みなさんは、予定していた進路(留学や大学院への進学等)や次に勤務することになっていた職場が「突然なくなる」という経験をお持ちだろうか。私の答えはYESだ。今年の夏のように、暑い日差しを浴びていると、一本の電話で目の前が一瞬、真っ白になった記憶が蘇る。それはそれは暑い、“沖縄の中のアメリカ”にいた時の話だ。その一本の電話は、私を真っ白にしたが、同時に私のその後の進路をも決めることになる。今回は、そんな不思議な話をしたい。話は2004年にさかのぼる。私が、沖縄の中のアメリカ、在沖米国海軍病院でインタ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事