m3.com トップ>医療維新>レポート|医道審議会・...>「医学生の医行為、法的に可能に」、厚労省が報告書案

「医学生の医行為、法的に可能に」、厚労省が報告書案

シームレスな医師養成目指し、共用試験とStudent Doctorで法制化

2019年9月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は9月27日、医道審議会医師分科会(会長:中谷晴昭・千葉大学理事・副学長)で、共用試験の公的化と、いわゆるStudentDoctorを法的に位置付けることなどを盛り込んだ報告書案を提案した。卒前・卒後のシームレスな医師養成を進めるのが狙い。次回会議で報告書案について議論し、報告書を取りまとめ、厚労省は来年の通常国会への関係法律の法改正案提出を目指す(資料は、厚労省のホームページ)。シームレスな医師養成には、診療参加型臨床実習の充実と、医師国家試験の準備期間を短縮し、臨床実習から臨床研修...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事