m3.com トップ>医療維新>レポート|新建築探訪>1000床の大学病院、10km郊外に新築全面移転 - 岩手医科大学◆Vol.1

1000床の大学病院、10km郊外に新築全面移転 - 岩手医科大学◆Vol.1

約700億円かけ高度・救急医療充実、災害対応も強化

2019年10月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


岩手医科大学附属病院は9月21日、盛岡市内丸という市中心部から南に約10km離れた岩手県矢巾町に移転した。同大の総合移転整備計画は、2002年の矢巾キャンパスの用地取得決定から始まった。2007年の薬学部を開設、教養部が移転した第1次事業は、医・歯学部と基礎・共同研究部門などが移転した2011年の第2次事業に続き、今回の病院移転は第3次事業に当たる。新附属病院は、地上11階建て。従来の1166床から1000床にダウンサイジングしたが、手術室は12床から20室(24室まで拡張可能)に、ICUをはじ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事