m3.com トップ>医療維新>インタビュー|新建築探訪>「3.11」で忸怩たる思い、災害対応を強化 - 岩手医科大学◆Vol.2

「3.11」で忸怩たる思い、災害対応を強化 - 岩手医科大学◆Vol.2

小川彰・岩手医大理事長「狭隘化と老朽化が移転の理由」

2019年10月23日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――盛岡市中心部の非常に利便性が高い内丸キャンパスから矢巾キャンパスに、医学部をはじめとする各学部、附属病院など全面移転を計画した一番の要因は何でしょうか。全面移転したのは、内丸キャンパスの狭隘(きょうあい)化と老朽化がきっかけです。内丸地区は敷地が狭く、駐車場も少ない上に、周囲の道路は朝晩大渋滞でした。本学は、明治30年(1897年)の開学。内丸の病院は、昭和30、40年代の建物が中心でしたが、大正時代や昭和初期の建物も使っていました。7床室もあったので、患者さんに非常に申し訳ないことをしてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事