m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>薬のフォーミュラリーで医療の標準化を

薬のフォーミュラリーで医療の標準化を

自由な処方には「責任」伴う覚悟が必要

2019年10月14日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科医長兼国際室室長代理)


私が2017年に英国から帰国し日本の医療現場でまず驚いたことは、処方における「医師の裁量権」の大きさだ。日本では費用対効果がさほど高くない薬であっても、医師がそれぞれの経験や考えによって使用できる範囲が広い印象を受けた。例えば、PPIは日本でも数多くの製品が使用されているが、その中から一つの製剤を選択する基準は、必ずしも明確とは限らない。抗菌薬についても、同じ感染症に対するファーストラインの選択が医師や専門家によって異なることも珍しくないだろう。処方をはじめ医療の裁量権が大きい日本での診療にやり...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事