m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>産業医、時々「当直医」、4つの得あり

産業医、時々「当直医」、4つの得あり

現世的なメリットのほか、学びの場にも

2019年10月14日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて17回目です。僕の本業は産業医だったり、会社経営だったりするのですが、収入としては病院の当直もかなりの割合を占めています。ということで、今回は当直に関するさまざまな話です。今も内科当直に月4~6回くらい行っています。もともと当直は好きだったのですが、産業医を本業にしてからは患者さんに触れる機会が少なくなったので増やしました。東京都内の内科外科の合計で僕1人のところから、各科合わせて5人程度当直しているところまでいろいろです。どこも2次当直ですが、手に負えないと思った患者はいずれも近所の高次病...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事