m3.com トップ>医療維新>レポート|令和元年台風...>台風19号、11都県、60病院が浸水・停電・断水被害

台風19号、11都県、60病院が浸水・停電・断水被害

厚労省による10月14日午前6時現在の状況

2019年10月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は台風19号による医療機関等の被害状況を公表、10月14日午前6時現在で、11都県、計60病院で、浸水、停電、断水の被害を受けたことが確認された。うち他院への患者搬送が必要となったのは、東京都と長野県の各1病院(資料は、厚労省のホームページ)。東京都の1病院では、浸水被害が発生。病院周辺も浸水しているため、全ての入院患者(約190人)について、都の医療救護班(東京DMATの車を活用)、自衛隊、系列病院の救急車等を利用して搬送を完了させた。長野県の病院では、停電となり、電源車が到着するも...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事