m3.com トップ>医療維新>レポート>児童虐待、「医学的証拠が重要」大阪地検刑事部長が訴え

児童虐待、「医学的証拠が重要」大阪地検刑事部長が訴え

第47回日本救急医学会総会・学術集会、早期通報・証拠保全求める

2019年10月15日 小川洋輔(m3.com編集部)


悲惨な虐待事件から子供たちを守るために医師ができることは何か――。数々の児童虐待事件の捜査に携わってきた大阪地検刑事部長の宮地佐都季氏が10月2日、第47回日本救急医学会総会・学術集会で講演し、「虐待事件の捜査・立証では初期対応が極めて重要だ。多機関の連携によって知恵を出し合い、迅速かつ的確な捜査を遂げ、真相を明らかにし、被害者である子供の保護を図ることが何よりも大事。守るべきは子供の最善の利益だ」と、早期通報などへの協力を呼びかけた。裁判では医学論争に発展することもあるといい、医学的な証拠や医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「画像レポート見落とし防止」、厚労省が事務連絡 2019/12/15

父をご支援頂いた皆様へ【故人・長男中村健氏】 2019/12/11

追悼の辞【ペシャワール会会長村上優氏】 2019/12/11

中村医師の葬儀、アフガン大使、医療関係者ら1300人超が参列 2019/12/11

市中病院実施の手術料引き上げを強く要望、外保連 2019/12/10

日医参与「医師のICTリテラシーの低さが課題」 2019/12/9

医学部地域枠「今のスキームはアウト、“アカハラ”の懸念も」 2019/12/9

「失敗から学ぶ」から「レジリエンス」への転換を 2019/12/8

「大幅プラス改定で働き方改革実現を」日医など総決起大会 2019/12/6

福島医大、手術事故を機に医療安全アクションプラン策定 2019/12/5

「あはき、柔整は今後も伝承していくべき」日医・釜萢氏 2019/12/3

医療データ活用で新学部、2022年設置を計画、東京医科歯科大 2019/12/3

「横倉日医会長×小泉環境相」、人生100年時代語る 2019/12/1

「定年後の医師が活躍できる医療環境を」、やまがた宣言 2019/11/30

NICUは集約化・重点化、「量」から「質」の時代へ 2019/11/28

横倉会長「医師会代表として心からご冥福を祈る」 2019/11/28

横倉会長「本体マイナスは300万人の賃下げ要望に等しい」 2019/11/28

「精神科主治医として性的搾取」、遺族が医師免許剥奪求める 2019/11/26

「地域フォーミュラリ」で薬剤費削減に成功-日本海ヘルスケアネット◆Vol.2 2019/11/26

東京五輪・パラリンピックへ向け、メディカル研修始まる 2019/11/25