m3.com トップ>医療維新>オピニオン|ピースウィン...>3日間で救急患者340人、医師・看護師足りず

3日間で救急患者340人、医師・看護師足りず

台風15号被災、安房地域医療センタールポ

2019年10月15日 坂田大三(ピースウィンズ・ジャパン医師)


台風、地震、津波――。近年、地球温暖化の影響で、台風や水害が多くなってきていると実感されている方も多いと思います。全世界で起きるマグニチュード6以上の地震の20%は日本で起きているという内閣府の報告もあります。私たち「ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)」は、広島県神石高原町に本部を置き、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人々を支援する国際協力NGOです。1996年の設立以来、世界33の国と地域で活動してきました。この度、本稿で活動を紹介させ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

ピースウィンズ・ジャパン ~災害医療の現場から~に関する記事(一覧

トイレ使えない避難所も 2019/10/26

3日間で救急患者340人、医師・看護師足りず 2019/10/15