m3.com トップ>医療維新>レポート|令和元年台風...>福島・郡山市の星総合病院、1階が浸水、MRI、CT使用不可に

福島・郡山市の星総合病院、1階が浸水、MRI、CT使用不可に

入院患者34人は2階に避難、被害額は15億~20億円と推計

2019年10月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


台風19号で大きな被害を受けた病院の一つが、福島県郡山市にある星総合病院(一般病床415床、精神病床15床)。JR郡山駅から徒歩10分弱の市中心部にあるが、阿武隈川の支流である逢瀬川が氾濫、10月13日の未明に病院の1階部分が浸水し、周辺の道路も一部通行止めとなった。1階の病棟にいた入院患者34人は2階に避難したため、人的被害はないが、MRIが1台、X線CT2台が使えなくなった。停電や断水の被害はなかった。13日の午後には水が引き、清掃などを終え、CTやMRIなど一部の医療機器、自動精算機などが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事