m3.com トップ>医療維新>レポート|令和元年台風...>長野県立総合リハセンター、千曲川氾濫で膝まで泥水

長野県立総合リハセンター、千曲川氾濫で膝まで泥水

台風19号、計57人の患者・入所者搬送、被害全容見えず

2019年10月16日 小川洋輔(m3.com編集部)


長野県立総合リハビリテーションセンター(長野市下駒沢)では、台風19号による千曲川の氾濫により、1階が全て浸水し、施設や医療機器が泥まみれとなった。病院(80床)と障害者支援施設の計57人の入院患者・入所者は10月13日のうちに全員を転院搬送したが、いまだに停電は続いており、被害の全容すら把握できない状況だ。現地では、職員や支援団体が懸命の復旧作業を続けている。氾濫した千曲川の周辺(提供:PWJ)県障がい者支援課によると、同センターでは12日夕方に特別警報が発表されたのを受け、入院患者38人と入...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事