m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>医療者の提案が伝わらない患者さんに出会った時は

医療者の提案が伝わらない患者さんに出会った時は

“心に刺さる”説明の仕方はあるか?

2019年10月25日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


治療方針について患者さんと話している時などに突然、「あー終わったかもな」と感じることはないでしょうか。必要な治療などの提案内容を伝え、受け入れられないと、急に「医師―患者関係」が終了してしまったような感覚になる場合があります。日常的に診療していれば、一定の確率で遭遇してしまうようにも感じます。当たり前かもしれませんが、「患者さんの“心に刺さる”説明がしたい!」ですよね。私の場合、「心に刺さる」で一番覚えているのは、米フロリダ大学で勤務中に出会った患者さん、Johnに対するLisaの説明です。あれ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事