m3.com トップ>医療維新>レポート|医療団体の記...>医薬品、国内生産で安定供給を、日医が要望

医薬品、国内生産で安定供給を、日医が要望

セファゾリンなどの不足受け「深く憂慮」

2019年10月16日 小川洋輔(m3.com編集部)


セファゾリンやラニチジンなど、医療現場に医薬品が安定的に供給できない事案が相次いでいることを受け、日本医師会常任理事の長島公之氏は10月16日の記者会見で、「医療の現場に混乱を生じる事態が続けて起きていることを、深く憂慮している」と述べ、厚生労働省や製薬会社に対して、再発防止や国内での自給体制の構築を求める考えを示した。手術などで使うセファゾリンは、海外の工場で製造される原薬への異物混入が相次ぎ、今年3月頃から供給不安が生じている。ラニチジンは、発がん性物質が含まれる恐れがあるとして、現在、各社...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医療団体の記者会見・見解に関する記事(一覧

「紹介患者外来機関」適切でないのでは、日病協で意見 2020/11/27

外来機能分化「丁寧な議論が先決」日医 2020/11/19

75歳以上の自己負担「2倍にする感覚は理解できず」、中川日医会長 2020/11/11

中川日医会長「極端な落ち込みで深刻、補正予算で手当てを」 2020/11/5

高齢者2割負担「受診控え招く」と警戒、日医 2020/10/28

地域医療構想「感染症の再検討を」全自病・小熊会長 2020/10/16

「新型コロナで生活に不安」が8割超、精神的不調やストレスも 2020/10/8

オンライン健康相談「かかりつけ医の評価」要望、中川日医会長 2020/10/7

「病院の発熱外来パンクするのでは」日病 2020/9/30

初診オンライン診療は「有事での緊急対応」、中川日医会長 2020/9/24

「医療機関も国民のため頑張らねば」日病協・相澤議長 2020/9/18

新型コロナ対応など15項目を2021年度税制要望、日医 2020/9/18

診療所収入、6月は対前年同月比8.0%減、日医調査 2020/9/9

J-DOMEが高血圧学会と連携、日医かかりつけ医のDB 2020/9/3

大手・中堅調剤薬局、新型コロナでも黒字維持 2020/8/26

奈良県の「1点単価引き上げ検討」を問題視、中川日医会長 2020/8/26

日病会長「医療機関支援金、自治体でスピード感に差」 2020/8/24

横倉氏が日医名誉会長に、終身称号 2020/8/20

「今歯止めかけないと第1波以上のパンデミックに」全自病・小熊会長 2020/8/6

「社会的規範を大きく逸脱、看過できず」嘱託殺人事件で中川日医会長 2020/7/29