m3.com トップ>医療維新>レポート|医療団体の記...>医師偏在指標「目標として不適切」、日医委員会が中間答申

医師偏在指標「目標として不適切」、日医委員会が中間答申

地域の実情踏まえた計画策定を求める

2019年10月16日 小川洋輔(m3.com編集部)


日本医師会常任理事の釜萢敏氏は10月16日の記者会見で、医師確保対策などを検討している日医の地域医療対策委員会が、厚生労働省が示している「医師偏在指標」について「現場に混乱をもたらしており、計算根拠も明確にされていない」と警鐘を鳴らす中間答申をとりまとめたことを明らかにした。答申を受け、日医は各地域の事情を踏まえた医師確保計画を策定するよう、各都道府県へ働きかけていく方針だ(医師偏在指標については、『2036年度に47都道府県で「必要医師数」確保へ』を参照)。答申は10月15日付で、委員長の中目...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事