m3.com トップ>医療維新>オピニオン|ピースウィン...>トイレ使えない避難所も

トイレ使えない避難所も

台風15号被災地、高齢化が復旧阻む

2019年10月26日 坂田大三(ピースウィンズ・ジャパン医師)


被災地を回るPWJの医師ら被災地での医療支援といっても、病院に来る患者の手当てだけをしていれば事が足りるわけではありません。電気や電話が使えなくて救急車すら呼べない方もいますし、大きな怪我や病気ではないと我慢してしまう方もいます。特に9月の台風15号が通過した後は、激しい残暑に見舞われ、冷房が使えない方が体調を崩すケースが目立ちました。情報が錯綜千葉県館山市の安房地域医療センターに到着した9月12日夕方、ミーティングを終えると、私たちピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は近隣の避難所を回りました。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事

ピースウィンズ・ジャパン ~災害医療の現場から~に関する記事(一覧

トイレ使えない避難所も 2019/10/26

3日間で救急患者340人、医師・看護師足りず 2019/10/15