m3.com トップ>医療維新>インタビュー|著者インタビ...>小説であり医学書『仮病の見抜きかた』の狙い-南多摩病院総合内科・膠原病内科の國松淳和氏に聞く

小説であり医学書『仮病の見抜きかた』の狙い-南多摩病院総合内科・膠原病内科の國松淳和氏に聞く

「普通の手法では書けないことが小説だと自由に書ける」

2019年11月1日 聞き手・まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


南多摩病院総合内科・膠原病内科の國松淳和氏が2019年4月に上梓した『仮病の見抜きかた』(金原出版)は小説でありながら、医学書でもあるという異例の書籍。発売以来、一般の人からも好評を博している。「原因の分からない病気の診断と治療を専門」とする國松氏が、小説という形式で伝えたかったことをお聞きした(2019年9月30日にインタビュー)。誰かが捨てた瞳の奥に色をみつける仕事がある。突然の酷い腹痛を繰り返す「捨て猫の眼」をした若者。かつて暴走族だった彼は、その粗暴な風貌と振る舞いから周辺の病院のブラッ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

著者インタビューに関する記事(一覧

13回の入院、11回の手術を経験したアナリストが見る医療-渡辺英克・みずほ証券エクイティ調... 2019/12/7

貧困に苦しむアジアの人々「他人事ではない」-田畑彩生・JAM事務局長に聞く◆Vol.2 2019/11/14

RWD研究は「交絡との戦い」、限界に留意-康永秀生・東大臨床疫学・経済学教授に聞く◆Vol... 2019/11/12

異臭立ちこめハエたかる病室で感じた「国境格差」-田畑彩生・JAM事務局長に聞く◆Vol.1 2019/11/6

RWDでの既存治療評価でネガティブ・スタディ-康永秀生・東大臨床疫学・経済学教授に聞く◆V... 2019/11/4

小説であり医学書『仮病の見抜きかた』の狙い-南多摩病院総合内科・膠原病内科の國松淳和氏に聞... 2019/11/1

マネジメントの力で、足し算を掛け算へ-相馬孝博・千葉大医療安全管理部長に聞く◆Vol.2 2019/10/29

起こるのは「医療崩壊」ではなく「病院崩壊」-広井良典・京都大学こころの未来研究センター教授... 2019/10/24

リアルワールドデータの「超入門書」上梓の訳-康永秀生・東大臨床疫学・経済学教授に聞く◆Vo... 2019/10/20

「40歳の自分に向けて書いた」リーダーシップ入門書-相馬孝博・千葉大医療安全管理部長に聞く... 2019/10/16

日本の社会保障「理念がない」-広井良典・京都大学こころの未来研究センター教授に聞く◆Vol... 2019/10/15

令和最大のテーマ「人口減少社会のデザイン」に取り組む-広井良典・京都大学こころの未来研究セ... 2019/10/7

目指すのは「医学モデル」からの脱却-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.4 2019/1/27

「健康に良い食事」も医師の働き方改革-津川友介・UCLA助教授に聞く◆Vol.3 2019/1/20

若手、外科系医師が在宅医療に関心-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.3 2019/1/20

日常診療で使える「究極の食事」-津川友介・UCLA助教授に聞く◆Vol.2 2019/1/13

「患者を不幸にしていた反省」から在宅へ-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.2 2019/1/12

「今のままではやばい!」、気付きが学びの原点-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol... 2019/1/5

医学生は勉強よりも「部活」「バイト」を-寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く◆Vol.4 2019/1/5

「究極の食事」は最低限の“地動説”-津川友介・UCLA助教授に聞く◆Vol.1 2019/1/4