m3.com トップ>医療維新>インタビュー|著者インタビ...>小説であり医学書『仮病の見抜きかた』の狙い-南多摩病院総合内科・膠原病内科の國松淳和氏に聞く

小説であり医学書『仮病の見抜きかた』の狙い-南多摩病院総合内科・膠原病内科の國松淳和氏に聞く

「普通の手法では書けないことが小説だと自由に書ける」

2019年11月1日 聞き手・まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


南多摩病院総合内科・膠原病内科の國松淳和氏が2019年4月に上梓した『仮病の見抜きかた』(金原出版)は小説でありながら、医学書でもあるという異例の書籍。発売以来、一般の人からも好評を博している。「原因の分からない病気の診断と治療を専門」とする國松氏が、小説という形式で伝えたかったことをお聞きした(2019年9月30日にインタビュー)。誰かが捨てた瞳の奥に色をみつける仕事がある。突然の酷い腹痛を繰り返す「捨て猫の眼」をした若者。かつて暴走族だった彼は、その粗暴な風貌と振る舞いから周辺の病院のブラッ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

著者インタビューに関する記事(一覧

医師が淘汰される時代、求められる役割は-奥真也・埼玉医科大客員教授に聞く◆Vol.3 2020/11/28

医師の権限も責任も過大…AI医師法が必要-奥真也・埼玉医科大客員教授に聞く◆Vol.2 2020/11/23

「転校生」が伝える医療界の「びっくり」-医師で作家・南杏子氏に聞く◆Vol.3 2020/11/22

女性医師の抱える「もやもや」を言葉にする-医師で作家・南杏子氏に聞く◆Vol.2 2020/11/15

「2030年、感染症の脅威から解放」未来年表を上梓-奥真也・埼玉医科大客員教授に聞く◆Vo... 2020/11/14

主婦・編集者を経て医師になり見えたもの-医師で作家・南杏子氏に聞く◆Vol.1 2020/11/12

使命感だけで飛び出すのは「止めた方が良い」-西智弘・緩和ケア内科医に聞く◆Vol.3 2020/11/8

B.C.(BeforeCorona)からA.C.(AfterCorona)へ-邉見公雄・全... 2020/11/7

無借金でクリニック開業、診療報酬月50万円でも大丈夫-医師・医療経済ジャーナリストの森田洋... 2020/11/5

「医療者は環境の力を軽く見ているのでは」-西智弘・緩和ケア内科医に聞く◆Vol.2 2020/11/2

1行1句に臨場感あふれる最前線のコロナ記録-邉見公雄・全自病名誉会長に聞く◆Vol.2 2020/11/1

医師が「医療経済ジャーナリスト」になった理由-医師・医療経済ジャーナリストの森田洋之氏に聞... 2020/10/30

「孤立」にできる処方は何か-西智弘・緩和ケア内科医に聞く◆Vol.1 2020/10/28

医師は患者が不確実性に耐える時に伴走する存在-大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く◆Vol... 2020/10/27

東京の「7密」、新型コロナで露呈-邉見公雄・全自病名誉会長に聞く◆Vol.1 2020/10/25

日本のコロナ対策「バランスの悪さが目立つ」-医師・医療経済ジャーナリストの森田洋之氏に聞く... 2020/10/24

患者の不安と心配を解消して初めて本音が聞き出せる-大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く◆V... 2020/10/23

政治は検証性が第一、記録破棄は焚書坑儒-海堂尊氏に聞く◆Vol.3 2020/10/18

政権・行政批判は納税者の当然の権利-海堂尊氏に聞く◆Vol.2 2020/10/9

『コロナ黙示録』、緊急事態宣言発出時に構想浮上-海堂尊氏に聞く◆Vol.1 2020/10/3