m3.com トップ>医療維新>レポート>救急救命士の活動範囲、病院内にも拡大を検討、厚労省

救急救命士の活動範囲、病院内にも拡大を検討、厚労省

「医師の負担軽減」「切れ目のない医療の提供」を狙う

2019年11月8日 高橋直純(m3.com編集部)


厚生労働省は11月7日、「第17回救急・災害医療提供体制等の在り方に関する検討会」(座長:遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)で、救急救命士が病院内でも救命処置を可能にするなど、活動範囲を広げることを提案した。構成員からは賛同する意見が大勢だった(資料は厚労省のホームページ)。厚労省事務局は、救急救命士の活動範囲を広げるという提案の背景には、(1)現行法上、救急救命士は救急救命処置を医療機関内で実施できない、(2)医師や看護師の労務軽減のため、医療従事者間のタスク・シフトを進めるべき――...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事

インデックス(一覧

救急救命士の活動範囲、病院内にも拡大を検討、厚労省 2019/11/8

「遺体の本人確認は盲点、最後までリストバンド外さず」 2019/11/7

都道府県基金に国費855億円、効果検証求める声相次ぐ 2019/11/6

オンライン診療「疾患制限を撤廃、医師の裁量拡大を」 2019/11/6

内保連「意思決定支援管理料の新設を」、三保連シンポ 2019/11/5

「診療報酬本体引き下げ、給与減の要請と同じ」、横倉日医会長 2019/11/1

日本医師会最高優功賞20人、医学賞3人が受賞 2019/11/1

「医師の支援を受けてなされる自殺に反対」WMA宣言 2019/10/31

HPVワクチン報道の名誉毀損裁判、上告受理申立てへ 2019/10/30

透析中止死亡女性の夫「なぜ再開してもらえなかったのか」 2019/10/28

厚労省、2019年度内にNIPT実態調査へ 2019/10/24

“健保の危機”、10万ツイート、2週間で達成 2019/10/21

公立福生病院へ2200万円請求、透析中止で遺族提訴 2019/10/17

がん・難病の全ゲノム解析、日本でも検討開始 2019/10/17

児童虐待、「医学的証拠が重要」大阪地検刑事部長が訴え 2019/10/15

医療通訳「質の確保を」 2019/10/15

医師不足の窮地、総合診療科が牽引役で改善-帯広協会病院・総合診療科◆Vol.1 2019/10/14

厚労省の電カル標準化、医療機関への補助要件を年度内にも策定 2019/10/10

看護師特定行為、救急領域のパッケージ研修を了承 2019/10/9

デジタル療法、指針と医師の対応が適正使用のカギ 2019/10/8