m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>外国人患者は「めんどくさい?」、医療にも自己表現を

外国人患者は「めんどくさい?」、医療にも自己表現を

心に刺さる言葉、日英の自己表現力の違い

2019年11月17日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科医長兼国際室室長代理)


「君は、本当に“wallflower(壁の花)”みたいだな」中学時代、お世話になった無精ひげの似合うイギリス人教師が私に言ってきた。まだ私が英国に移住して間もない頃のことだ。同級生が積極的に手を挙げて発言する中、それを教室の隅で静かに見守っている私を見て、彼は私が「壁にひっそりと生えている一凛の花」のようだと思ったようだ。まだ幼い私にとって、周りと調和していないような気分にさえなり、苦い心に刺さる一言だった。渡英した当初はさまざまな日本と英国の違いを感じたが、特に「自己表現力」の違いには驚いた。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事