m3.com トップ>医療維新>レポート|新建築探訪>「震度7」の教訓生かし、災害に強い病院再建 - 熊本市民病院◆Vol.1

「震度7」の教訓生かし、災害に強い病院再建 - 熊本市民病院◆Vol.1

新築移転し2019年10月開院、外観は熊本城をイメージ

2019年12月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


震度7を観測し、甚大な被害をもたらした2016年4月の熊本地震。熊本市民病院も深刻な被害を受け、新生児を含む310人の入院患者が転院や退院を余儀なくされた。それから約3年半。2019年10月に、従来の場所から約2km離れた場所に新築移転、新たなスタートを切った。病床数は従来の556床から388床に減らし、診療科は従来の34科から31科に減らしたものの、県内外から患者が受診する総合周産期母子医療センターは機能を強化、スペースも拡大したほか、その他の急性期機能も維持。屋上のヘリポートは、ドクターヘリ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事