m3.com トップ>医療維新>オピニオン|弁護士が解説...>乳腺外科医事件の経緯と教訓、刑事弁護人の立場から

乳腺外科医事件の経緯と教訓、刑事弁護人の立場から

「患者と二人きり」は避ける、「客観的証拠の確保」も重要

2019年12月1日 吉峯耕平(田辺総合法律事務所)


【質問】乳腺外科医が、手術後の患者にわいせつ行為を行ったとして、逮捕・起訴された事件がありました。麻酔の影響でせん妄状態だったとも言われており、そんなことで逮捕されてしまっては、外科医は仕事になりません。なぜ、そのようなことで逮捕されてしまったのでしょう。また、逮捕されないように、どのようなことに気をつければいいでしょうか。【回答】この事件では、乳腺外科医が患者にわいせつ行為を働いたとして逮捕・起訴されました。2019年2月20日、東京地方裁判所は無罪判決を言い渡しましたが、検察官は控訴し、最終...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事