m3.com トップ>医療維新>レポート|社会保障審議...>看護職2025年に6万~27万人不足、地域、領域別の偏在大

看護職2025年に6万~27万人不足、地域、領域別の偏在大

医療部会、看護職員需給分科会「中間とりまとめ」を報告

2019年11月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は11月18日の社会保障審議会医療部会(部会長:永井良三・自治医科大学学長)に、2025年の看護職員の需給推計を報告した。超過勤務時間や有給休暇取得などの勤務環境改善を加味して3つのシナリオを設定して推計した結果、需要は188万~202万人、供給は175万~182万人程度で、最大で27万人、最少で6万人不足すると見込んでいる。都道府県や領域による差が大きく、2016年の現員数が2025年の需要を上回っている県もあれば、不足する県もある上、県全体では2025年の時点で充足していても、2次...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

社会保障審議会に関する記事(一覧

後期高齢者の自己負担2割、所得基準5案 2020/11/20

2割負担なら年間3万4000円負担増、厚労省推計 2020/11/12

地域医療構想の検討で先送り論も、医療部会 2020/11/6

医療費負担へ資産反映「現時点では尚早」厚労省 2020/10/29

概算医療費、小児科・耳鼻咽喉科で40%減 2020/10/14

全世代型社会保障「新型コロナ影響、考慮を」 2020/9/16

地域医療構想、新型コロナ勘案で検討も 2020/8/25

マイナンバーカードの保険証利用、普及率に懸念 2020/6/19

金融資産反映した負担の在り方に賛否、医療保険部会 2020/3/27

外来機能の明確化、検討スケジュールや内容に疑義続出 2020/3/23

値上げで患者の行動変わるのか?紹介状なし受診時定額負担 2020/3/13

後期高齢者窓口負担「原則2割」か「原則1割」か 2020/2/27

「2022年へ医療保険制度改革に残された時間ほとんどない」 2020/2/3

「外来機能の明確化、かかりつけ医機能の強化」議論開始へ 2020/1/29

定額負担「一般病院200床以上」に不満噴出、医療部会 2020/1/20

医師の働き方改革「健康は確保、収入は確保できず」、地域医療への影響も 2019/12/9

「医師等の働き方改革」が重点課題、2020年度改定の基本方針案了承 2019/12/9

診療報酬改定方針を了承、働き方「重点」に 2019/11/28

診療報酬改定、「働き方」巡り対立埋まらず 2019/11/21

看護職2025年に6万~27万人不足、地域、領域別の偏在大 2019/11/19