m3.com トップ>医療維新>オピニオン|永井弥生の「...>医療現場で「家に来い」「土下座しろ」、その裏側にある想い

医療現場で「家に来い」「土下座しろ」、その裏側にある想い

怒りは前のめりに聴く!?

2019年11月24日 永井弥生(医療コンフリクトマネージャー/皮膚科専門医)


前回、コンフリクト・マネジメントの基本を次の3つに整理していますとお伝えしました(『丁寧な説明も「言いくるめられた気が…」、医療メディエーターの役割とは』を参照)。その1傾聴・共感・承認その2本当の想い、背景、価値観を知るその3事実確認と評価から問題解決へ今回は前回で予告した『その1傾聴・共感・承認』について具体例でご説明します。以前、遠方の知り合いの奥様から、「ご相談があります!」というショートメールのメッセージが来たことがありました。ご主人が小児科のクリニックを開業されていて、奥様は看護師さ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事