m3.com トップ>医療維新>レポート|医道審議会・...>「Student Doctor」を法的に位置付け、報告書(案)概ね了承

「Student Doctor」を法的に位置付け、報告書(案)概ね了承

医師分科会、厚労省は2020年国会への医師法改正法案提出目指す

2019年11月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は11月20日の医道審議会医師分科会(会長:中谷晴昭・千葉大学理事・副学長)で、StudentDoctorを法的に位置づけることなどを盛り込んだ報告書(案)を提示、概ね了承を得た。報告書(案)は、臨床実習開始前の共用試験(CBTとOSCE)を公的な試験とし、その合格者を一定の水準を担保した「StudentDoctor」として法的に位置づけ、診療参加型臨床実習を推進することが骨子。厚労省は、次回会議で取りまとめ、2020年の通常国会への医師法改正法案の提出を目指す。ただ法案が成立しても、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事