m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療構想>全自病会員病院、内定医師1人から断られる

全自病会員病院、内定医師1人から断られる

会長明かす、大学から派遣について相談の事例も

2019年11月22日 水谷悠(m3.com編集部)


全国自治体病院協議会会長の小熊豊氏は11月21日の記者会見で、厚生労働省が9月26日に地域医療構想の具体的対応方針の再検証が必要として424の公立・公的医療機関等を公表して以降に、対象病院で2020年4月からの勤務が内定していた医師1人から入職を断られた会員病院があったことを明らかにした。大学から医師派遣について相談された事例もあるといい、同氏は「『廃院しろという意味か』という声も聞いており、憤りの声が上がっている」と述べた。小熊豊氏、後方は竹中賢治氏。全自病は11月20日、全国自治体病院開設者...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

地域医療構想に関する記事(一覧

地域医療構想、医療計画の感染症対策と「ぶつかることも」 2020/11/25

地域医療構想、感染拡大時の受入体制をどう確保するか 2020/10/22

「440リスト」対応方針、再編伴う場合の期限も延期、厚労省 2020/9/3

地域医療構想のスケジュール「骨太で提示」、中川日医副会長 2020/5/27

「地域医療の全体像」把握に向け、地域医療構想の情報追加検討 2020/3/20

「医療機関の“余力”、平時・有事の対応に必要」、中川日医副会長 2020/3/19

具体的対応方針延期は「当然」、全自病小熊会長 2020/3/19

「地域枠の存続」「中山間地域での勤務義務付け」全国知事会要望 2020/2/26

厚労省、都道府県の「再検証」進捗調査へ 2020/2/15

地域医療構想「重点支援区域」の1回目選定、3県5区域 2020/1/31

「再検証」要請424リストに約20施設を追加、厚労省がデータ修正 2020/1/18

公立・公的の「再検証」要請、1月17日に都道府県へ正式通知 2020/1/17

地域医療構想「重点支援区域の選定、1回目は1月中を目途」 2020/1/17

民間病院データ、年明けに県に提示、公表は県の判断 2019/12/24

「単独で医療が完結する時代は終焉」、危機感強く 2019/12/21

424の公立・公的等「再検証」の期限、現時点では変更なし 2019/12/19

全自病会員病院、内定医師1人から断られる 2019/11/22

民間病院の診療実績や競合状態「可視化」、新たな財政支援も提示へ 2019/11/12

民間病院のデータ「一般公開の必然性ない」、日医 2019/10/30

日病、独自の分析データを準備 2019/10/30