m3.com トップ>医療維新>レポート|医療団体の記...>四病協、日本専門医機構に団体ごとの社員資格を要望

四病協、日本専門医機構に団体ごとの社員資格を要望

時間外B、C水準評価の金銭負担「言語道断」の意見も

2019年11月27日 水谷悠(m3.com編集部)


四病院団体協議会は11月27日の総合部会で、現在は四病協としての資格となっている日本専門医機構の社員について、日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会の4団体それぞれに資格を付すよう近く要望することを決めた。総合部会ではこの1カ月の各種審議会などの報告が行われ、記者会見した日本精神科病院協会副会長の長瀬輝諠氏によると、「医師の働き方改革の推進に関する検討会」について、時間外勤務時間上限のB水準、C水準を指定する「評価機能」に関し、3年に1度評価を受ける医療機関の金銭的負担...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事