m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>薬価調査、平均乖離率約8.0%、後発品シェア約76.7%

薬価調査、平均乖離率約8.0%、後発品シェア約76.7%

談合疑惑を踏まえ、JCHOと卸4社との取り引きは集計から除外

2019年12月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は12月4日の中医協総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、2020年度薬価改定に向けた薬価調査の結果を公表、薬価と市場実勢価格との平均乖離率は約8.0%であることを報告した。後発医薬品の数量シェアは約76.7%で、前回調査の約72.6%から4.1ポイント増加。特定保険医療材料・再生医療等製品価格調査の平均乖離率は約5.8%。薬の投与形態別の平均乖離率は、内用薬9.2%、注射薬6.0%、外用薬7.7%、歯科用薬剤マイナス4.6%。内用薬を主要薬効群別に見ると、最も...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

「中医協に諮らず診療報酬上の臨時措置」支払側が問題視 2021/1/27

不妊治療、保険適用議論に際し実態把握求める声多数 2021/1/13

中医協「沈黙」で中間年薬価改定の手法を了承 2021/1/13

在宅自己注射の対象に追加、診療報酬改定を待たずに対応へ 2020/12/23

オンライン診療の恒久化検討、政府主導を警戒 2020/12/23

初・再診料5点加算、薬価4300億円削減承認も“水面下”に異論続出 2020/12/18

コロナ対応で臨時報酬、転院後の支援は報酬3倍 2020/12/14

「医療費削減3600億円以上も検討を」健保連・幸野氏 2020/12/11

医療費1200億~3600億円削減効果、2021年度薬価改定で 2020/12/9

2021年度の薬価改定実施へ、厚労省「調整始める」 2020/12/2

2021年度薬価改定「乖離率が大きい品目のみ」を要望、製薬団体 2020/11/25

来年度の薬価改定、診療側「見送りも視野に議論を」 2020/11/18

国内初のGLP-1経口薬を薬価収載へ 2020/11/11

ニコチン依存症治療アプリを保険適用、2540点 2020/11/11

世界初、唾液で新型コロナ・インフル同時検査が可能に 2020/11/11

費用対効果評価「検証・課題抽出を」 2020/10/28

幸野氏、診療報酬COVID-19特例の影響把握求める 2020/9/16

新型コロナ受け入れ救急医療管理加算5倍、4750点算定可に 2020/9/14

診療報酬COVID-19臨時措置拡充、結論出ず「会長預かり」に 2020/8/19

5月は前年比で患者2割減、レセプト件数分析 2020/8/19