m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>支払側「マイナス改定を」、診療側「プラスを」

支払側「マイナス改定を」、診療側「プラスを」

2020年度診療報酬改定に関する意見、中医協

2019年12月6日 水谷悠(m3.com編集部)


12月6日の中医協総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、2020年度診療報酬改定に関する意見を支払、診療の両側が発表し、支払側はマイナス改定を、診療側はプラス改定をそれぞれ求めた。両側の意見などを踏まえて公益側が厚生労働大臣への意見書案を作成し、次回以降の総会で議論する(資料は厚労省のホームページ)。支払側は健康保険組合連合会理事の幸野庄司氏が代表して発表した。国民医療費が人口の高齢化や高額な医薬品の保険適用等の影響で増加の一途を辿っており、今後、2022年から団塊の世代...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

「中医協に諮らず診療報酬上の臨時措置」支払側が問題視 2021/1/27

不妊治療、保険適用議論に際し実態把握求める声多数 2021/1/13

中医協「沈黙」で中間年薬価改定の手法を了承 2021/1/13

在宅自己注射の対象に追加、診療報酬改定を待たずに対応へ 2020/12/23

オンライン診療の恒久化検討、政府主導を警戒 2020/12/23

初・再診料5点加算、薬価4300億円削減承認も“水面下”に異論続出 2020/12/18

コロナ対応で臨時報酬、転院後の支援は報酬3倍 2020/12/14

「医療費削減3600億円以上も検討を」健保連・幸野氏 2020/12/11

医療費1200億~3600億円削減効果、2021年度薬価改定で 2020/12/9

2021年度の薬価改定実施へ、厚労省「調整始める」 2020/12/2

2021年度薬価改定「乖離率が大きい品目のみ」を要望、製薬団体 2020/11/25

来年度の薬価改定、診療側「見送りも視野に議論を」 2020/11/18

国内初のGLP-1経口薬を薬価収載へ 2020/11/11

ニコチン依存症治療アプリを保険適用、2540点 2020/11/11

世界初、唾液で新型コロナ・インフル同時検査が可能に 2020/11/11

費用対効果評価「検証・課題抽出を」 2020/10/28

幸野氏、診療報酬COVID-19特例の影響把握求める 2020/9/16

新型コロナ受け入れ救急医療管理加算5倍、4750点算定可に 2020/9/14

診療報酬COVID-19臨時措置拡充、結論出ず「会長預かり」に 2020/8/19

5月は前年比で患者2割減、レセプト件数分析 2020/8/19