m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>日本での風邪診療の「カルチャーショック」

日本での風邪診療の「カルチャーショック」

患者満足と医療経営、両立はできないのか?

2019年12月15日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科医長兼国際室室長代理)


「風邪の患者さんはしっかりお薬を出すと満足してくれるよ」日本での風邪の標準診療について、帰国したばかりの私に日本の医師である友人は親切に助言してくれたのだ。2017年のことだ。日本は医療がフリーアクセスということもあり、特に冬場の診療所や中小病院の外来診療は風邪で受診する患者が多い。一般的な風邪の患者の場合、抗生剤(クラリスロマイシンなど)や解熱剤(ロキソニン)、鎮咳薬(コデイン)、去痰薬(ムコダイン)やトラネキサム酸など多剤処方の「セット」で対応するのは合理的だ。しかし、患者・医療者の両方の立...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

佐々江龍一郎の「英国GP、日本に戻る」に関する記事(一覧

患者からのコロナワクチン相談はどう対処? 2021/2/21

“戦時中”の英国、史上最大のワクチン作戦が始動 2021/1/30

「褒めること」をためらう日本の医療文化 2020/12/20

「地図」より「航海」を~医学教育に携わる方々へ 2020/11/21

「海外医学部卒医師は使えない」から発想の転換必要 2020/10/24

日本の新型コロナ対策は「結果オーライ」? 2020/9/12

「念のため」のCT~「本当に必要ですか?」 2020/8/2

オーストラリア人GPに日本のコロナ対策について聞いてみた 2020/7/4

日本で直面した処方をめぐる「3つの壁」 2020/3/8

あなたの境界型糖尿病患者の予防介入は効果的? 2020/1/19

日本での風邪診療の「カルチャーショック」 2019/12/15

外国人患者は「めんどくさい?」、医療にも自己表現を 2019/11/17

薬のフォーミュラリーで医療の標準化を 2019/10/14

医療は「権利」それとも「贅沢なもの」? 2019/9/15

NICEガイドライン、英国の医療、国民、医療政策にまで浸透 2019/8/12

「医療だけに依存しない英国民、平等から公平な医療へ」 2019/6/22

英国GPが感じる「患者中心の医療」が必要な理由 2019/6/8

「病気ではなく患者を治療しろ」人生に関わる英国GP 2019/3/2

20年超の英国生活、それでも日本に戻る理由 2019/2/10