m3.com トップ>医療維新>レポート|真価問われる...>専門研修新整備指針(第三版)案、臨時社員総会で了承されず

専門研修新整備指針(第三版)案、臨時社員総会で了承されず

学会から「日本専門医機構の役割が不明確」との懸念

2019年12月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本専門医機構は12月12日、2019年度の第1回臨時社員総会を開催、基本領域とサブスペシャルティ領域の在り方などを見直した専門研修新整備指針(第三版)案について議論したが、参加社員の了承は得られなかった。修正の上、改めて臨時社員総会を開き、サブスペ領域の議論が本格化するまでに専門研修整備指針(第三版)を取りまとめる予定。第1回臨時社員総会は、12月12日午後2時から午後3時30分まで開催された。整備指針とは、専門研修に関する基本的な方針を取りまとめたもので、(1)専門医制度の理念と設計、(2)...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

真価問われる専門医改革に関する記事(一覧

2021年度専攻医の登録開始、9月末か10月を予定 2020/3/16

2020年専攻医数9072人、5県で30%以上の増加 2020/3/13

連動研修可能なサブスペ、23領域から15領域に減少へ 2020/3/13

2020年度専門研修開始、専攻医数は9000人超 2020/2/25

サブスペシャルティ領域のWG、厚労省で進行中 2020/2/14

“東京の独り勝ち”当たらず、尾崎都医会長 2020/2/12

2020年度専門研修開始、第2次登録者数は698人 2020/1/20

2020年度開始、1次登録で専門研修先決定は8299人 2019/12/23

専門研修新整備指針(第三版)案、臨時社員総会で了承されず 2019/12/12

総合診療の専攻医、1次登録で191人、日本専門医機構が公表 2019/12/11

2020年度専攻医の1次登録、8613人、前年度同期比4.6% 2019/11/18

23のサブスペ連動研修、またもや結論出ず、WG設置へ 2019/11/8

2020年度専門研修、1次登録開始、1週間で3176人 2019/10/21

2020年度専門研修、専攻医1次登録は10月15日から 2019/9/24

地域枠、自治医大卒医師、専攻医シーリング外での採用可能に 2019/9/11

シーリングの在り方「これでいいのか」日本専門医機構理事長 2019/8/26

サブスペ「病院総合診療医」、2020年度から養成へ 2019/8/10

「新・家庭医療専門医」、世界標準を目指し本格稼働 2019/8/5

シーリングに関する協議会を8月設置、11月に意見集約へ 2019/7/22

サブスペシャルティ専門医の協議会、7月に設置へ 2019/6/27