m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|一介の外科医...>「テレビに出る医者」という色物感が出てしまう?―消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・山本健人氏◆Vol.3

「テレビに出る医者」という色物感が出てしまう?―消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・山本健人氏◆Vol.3

「SNS医療のカタチ」をやる理由

2020年1月12日 聞き手・まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


中山:さて、ここからがいよいよ本論とも言えますが、メディアに出るようになって、良かったこと、悪かったことはいかがでしょうか。先ほどは、実名顔出しは怖かったと言ってましたよね。山本:僕はまだそんなに名前も顔も知られていないので、これから本格的に色々な批判にさらされるのだろうなと思っています。中山:いろいろ言われますよ(笑)。山本健人氏(右)と中山祐次郎氏山本:過去には「本業をおろそかにするな、医者の仕事は患者を診ることであって、メディアに出ることじゃない」というコメントが来たこともあります。あと、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画に関する記事(一覧

「身を焦がすような競争、最後には勝つことへの渇望」-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校... 2020/5/31

『最高のがん治療』という本を書いた理由-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳神経外科助... 2020/5/24

米国の大学「圧倒的に雑務が少ない」というメリット-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳... 2020/5/17

米国の医学研究、MDがない臨床教授も-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳神経外科助教... 2020/5/10

北原先生は「本当にモテたいのかも知れない」 2020/2/23

英語が伝わらない中で臨床医がサバイブする秘訣―心臓外科医、北原大翔氏(メドスターワシントン... 2020/2/16

心臓外科医として「年収1億円は稼ぎたい」―心臓外科医、北原大翔氏(メドスターワシントンホス... 2020/2/9

日本で8年間やってきた経験は米国で通用したか?―心臓外科医、北原大翔氏(メドスターワシント... 2020/2/2

「この男は世に出さなければならない」-消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・山本健人氏... 2020/1/19

「テレビに出る医者」という色物感が出てしまう?―消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・... 2020/1/12

医師2人で全60章の新書の企画書を作成-消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・山本健人... 2020/1/5

29歳で新聞読者欄に投稿「医師患者の関係変えるため」―消化管外科医、京都大学医学研究科博士... 2019/12/29

「家庭と外科医の両立、分担できている自信がない」―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆V... 2019/12/22

一番問いたいのは「家庭の仕事は半分やっていますか」―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆... 2019/12/15

東京大学の外科准教授はどんな生活?―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆Vol.2 2019/12/8

「見ているだけ」の時間で外科医は成長―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆Vol.1 2019/12/1

システマティック・レビューは資金や環境が不十分でも実施できる研究-渡辺範雄・コクランジャパ... 2019/11/24

コクランを「エビデンスのワンストップソリューションに」-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京... 2019/11/10

世界中の論文を専門家が調べてピックアップしてくれる-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大... 2019/11/3

現時点で最も正しい医療情報が分かる仕組み-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教... 2019/10/27