m3.com トップ>医療維新>医師調査|2019年の...>2020年、厚労行政への期待、やや高まる ◆Vol.8

2020年、厚労行政への期待、やや高まる ◆Vol.8

開業医中心に悲観論が根強く

2020年1月6日 小川洋輔(m3.com編集部)


Q2020年の医療界は、2019年と比べて良くなると思われますか。東京五輪・パラリンピックイヤーとなり、夏に向けて明るい話題が続く見通しの2020年。一方、医療では、地域医療構想、医師・医療従事者の働き方改革、医師偏在対策という「三位一体改革」が本格化し、2020年4月には、診療報酬改定も控える。医療界がどう変化するか尋ねたところ、「変わらない」が半数近くを占めた。「悪くなる」「とても悪くなる」は計37.6%、「良くなる」「とても良くなる」は計14.1%だった。特に開業医で悲観的な見方の方が多か...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事