m3.com トップ>医療維新>医師調査>事故対応が後手に、教訓生かし病院改革に尽力 - 福島県立医大病院長、副病院長に聞く◆Vol.1

事故対応が後手に、教訓生かし病院改革に尽力 - 福島県立医大病院長、副病院長に聞く◆Vol.1

5つの基本目標を定めたアクションプラン策定

2020年1月7日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


福島県立医科大学は2019年12月、手術に伴う医療事故を機に、医療安全管理体制強化に向けてアクションプランを策定、公表した(『福島医大、手術事故を機に医療安全アクションプラン策定』を参照)。(1)アクシデント対応の強化、(2)患者対応の充実、(3)医師の業務負担軽減への取り組み、(4)医療安全文化の醸成、(5)臨床研修医・学生のガバナンス強化――の5つの基本目標を定め、業務、意識、組織改革を進めることを目指す内容だ。アクションプランを大学としていかに実行に移し、医療安全の向上に取り組んでいこうと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事