m3.com トップ>医療維新>レポート>刑事医療裁判、18年間で256人中、無罪は6人

刑事医療裁判、18年間で256人中、無罪は6人

厚労省研究会が中間報告、「独善的な心理」「軽率的な心理」が特徴

2019年12月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は12月27日、「医療行為と刑事責任の研究会」(座長:樋口範雄・武蔵野大法学部特任教授)がまとめた中間報告を公表、1999年から2016年までの18年間の刑事医療裁判(確定数)を分析した結果、2005年(47件、59人)がピークで、2016年は2件だったことが分かった。公判請求となった刑事医療裁判の202件、医師を含む医療者256人中、公判請求は38件、50人で無罪となったのは6件、6人だった(資料は、厚労省のホームページ)。刑事医療裁判に至る事例には、「独善的な心理」「軽率的な心理」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

2021年度専攻医1次応募、耳鼻咽喉科・小児科・総合診療で減少 2020/11/24

都医会長「GoToトラベル、一時中断を」 2020/11/20

医療計画、6事業目として「新興感染症等対策」を追加 2020/11/20

「ビデオ通話での実施可」へ、特定保健指導の初回面接 2020/11/20

5つの新型コロナ対応事例を基に議論、地域医療構想WG 2020/11/6

コロナ禍で「受診抑制」も7割は体調悪化せず、健保連調査 2020/11/6

日本医師会最高優功賞20人、医学賞3人が受賞 2020/11/1

「外来機能報告(仮称)」、診療所も対象にすべきか 2020/11/1

2021年度医学部定員、27人増の9357人 2020/10/29

佐々木希氏が「私もかかりつけ医に電話で相談」 2020/10/28

薬剤師の卒後病院研修義務化、日病協が提言検討 2020/10/23

医師国試「出題範囲絞るべき」、改善検討部会 2020/10/23

マイナンバー活用の情報提供はオールオアナッシング 2020/10/22

感染症と医療計画の議論を開始、厚労省検討会 2020/10/2

慶應医学賞に理研・宮脇氏、ジェネンテック・レゲフ氏 2020/10/1

医師11人、歯科医師13人、不正請求などで行政処分 2020/9/25

医療機関の広告事項に「医師の働き方改革」是非は? 2020/9/24

西村担当相、新政権で「規制改革・デジタル化、強力に推進を」 2020/9/15

HPVワクチン積極的勧奨再開目指し「国民の命を守る会」参加へ 2020/9/15

NCD「世界に誇れるビッグデータに成長」、設立10周年記念式典 2020/9/13