m3.com トップ>医療維新>レポート>刑事医療裁判、18年間で256人中、無罪は6人

刑事医療裁判、18年間で256人中、無罪は6人

厚労省研究会が中間報告、「独善的な心理」「軽率的な心理」が特徴

2019年12月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は12月27日、「医療行為と刑事責任の研究会」(座長:樋口範雄・武蔵野大法学部特任教授)がまとめた中間報告を公表、1999年から2016年までの18年間の刑事医療裁判(確定数)を分析した結果、2005年(47件、59人)がピークで、2016年は2件だったことが分かった。公判請求となった刑事医療裁判の202件、医師を含む医療者256人中、公判請求は38件、50人で無罪となったのは6件、6人だった(資料は、厚労省のホームページ)。刑事医療裁判に至る事例には、「独善的な心理」「軽率的な心理」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

「透析選択せず」で保存的腎臓療法を提示、3つのケースを確認 2020/2/18

外国人客増加「感染症対策に変化」、五輪で注意の6感染症は 2020/2/17

HPVワクチン積極的接種勧奨差し控え、6000人弱の超過死亡 2020/2/12

「COVID-19」、新型コロナウイルス疾病、WHOが命名 2020/2/12

応招義務の厚労省通知、約5割が「評価する」 2020/2/9

「地域医療を担う医師の確保を目指す知事の会」、岩手、新潟など6県で発足 2020/2/1

AI診断の責任の所在、現場の医師には不安も 2020/1/31

医師3通の意見書、証拠採用却下、「あずみの里」事件結審 2020/1/30

都道府県医師会の97.9%「維持困難」、副業・兼業の通算で 2020/1/30

「ドーナツ窒息による事故死ではなく脳梗塞」、弁護団主張 2020/1/28

中村医師お別れ会に約5000人、長女「父は眠っているようだった」 2020/1/26

「医学部に優秀な学生集まらず」、医師の働き方改革で警鐘 2020/1/26

日医が第三者の医業承継支援へ、専門家紹介など 2020/1/16

第7次医療計画中間見直し、年度内に通知発出へ 2020/1/16

四病協賀詞交歓会、「輪廻転床」実現へ役割果たす 2020/1/14

98歳の現役医師に「赤ひげ大賞」 2020/1/9

刑事医療裁判、18年間で256人中、無罪は6人 2019/12/28

働き方改革などで工程表、厚労省の業務効率化は進むか 2019/12/27

応招義務「患者を診察しないことが正当化される事例」整理 2019/12/27

マイナンバーカード利用のオンライン資格確認、2021年3月末医療機関6割導入へ 2019/12/26